【改善不要】職場でナメられる人のたった1つの対処方法

仕事

今現在の職場で、ナメた態度をとってくる人、今はいないけど、とられたという経験を持つ人がい

らっしゃる方結構いるかと思います。

 

なめられるとムカつくし、腹が立つし、続くとストレスになる。過去の自分はずっと、どう対処し

たら良いのか分かりませんでした。

職場でナメられる人のたった1つの対処方法

 

それは相手にしないということです。

それだけでいいの??と思うかたがいるかと思うかもですが、それだけしかありません。

なぜそう言えるのかですが、どんなに自分が成長しても、世の中には見下してくる人がいるからです。

程度の差はあれど、本当に残念ですが、どこにでも、なめてくる人はいます。

なめられるかどうかは、結局相手の人格次第なんです。

人を見下して、無礼な態度を取れる人は、僕が嫌いな価値観で生きている人です。

だから、そんな人のことをいくら考えても時間の無駄になります。

仕返しとか、見返したいとか、相手と同じ土俵に経っても、自分が苦しむだけでした。

ここで、考えてみてほしいことがあります。

なめられるかどうかは、完全に相手次第だから、最終的にはどうすることもできません。

 

誰しも必ず無意識的になめている

 

なめているという表現に語弊がありますが、相手によって少なからず誰しも態度を変えているということです。

極端な例で言ってしまいますが、あなたがもし幼稚園くらいの子供に馬鹿にされたら怒りますか?

もちろん怒らないと思います、、よね…??(‘ω’)

それは相手の年齢から精神的な成熟度が推定できて、無意識に見下しているからです。

こういったことは日常的に頻繁にあると思います。見た目が9割という言葉があるのは、人は外見や上辺の情報でしか判断していないからだと思います。コスパが悪くても、ブランドものが売れるのもそうだと思います。

 

第一印象がよく見えるものは安定して売れます。

香水、美容室のカット、ブランドの財布など…

 

外見や上辺の情報として

年齢、職業、年収、見た目の雰囲気、服装、清潔感など…

 

世の中ではこのような要素が高い人ほど優れた人間と見なされます。資本主義の競争社会の日本では、しょうがないことだと思います。

 

話が少し逸れますが、日本では権威性がある人の所には、お金が集まってきます。その故にマウントの取りたがる(相手より自分を上に見せたがる)人が出てくるのは必然的だと思います。

 

 

ネットでよくあるなめられないようにする方法は、無理がある

 

マウントをとりたがる人は必ずいるとお話ししました。このマウントというのは、とりあっても上

には上がいて、程度の差はあれど馬鹿にする人はそういう性格だからしょうがないという認識を持

つことが結構重要です。このことを意識するだけで気持がだいぶ楽になると思います。相手基準の

競争という土台にあえて合わせる必要はないのです。あなたの価値観だけで生きていきましょう。

ネットで出回っている記事【なめられないようにする方法 改善】は効果はあるかもしれません

が、相手に合わせて自分を変えるより、自分の精神面を変えることをお勧めします。

 

あなたが相手に合わせて、なめられないように自分を偽って行動したところで、相手基準の人生を

生きてしまうことになります。自分を偽り続けて生きたとしてもいつか必ずガタがきます。

 

馬鹿にされることはしょうがないという精神で生きていこう

前述したとおり、馬鹿にされることは仕方がないことです。口にしていうか言わないかの問題で誰

もが少なからず無意識的にしてしまっていることです。もし馬鹿にされたと感じたなら、相手基準

の競争という土台からおりて、自分の気持ちを優先して最善の行動をとるようにしましょう。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました