【実態】放射線取扱主任者試験の対策方法

放射線取扱主任者試験

あなたは、放射線取扱主任者試験に向けてどのような対策をしていますか?

よくある対策方法としては

1.学校や学校外部で開かれている対策講習会に参加する。

2.複数(2冊以上)の参考書を購入して、勉強をしている。

3.最近だと、試験対策アプリを空いた時間の合間に勉強している。

などいろいろあると思います。今後も確実にいろいろな対策方法が出てくるでしょう。

本記事では、常識とされている放射線取扱主任者試験の対策方法について触れていきたいと思います。

※今回は、合格だけを目指しているという前提で書いていきます。

【実態】放射線取扱主任者試験の対策方法

1.過去問の問題集を解く

2.対策講習に参加する

3.試験対策アプリで勉強する

4.過去問の問題集のほかに試験対策問題集を購入して、勉強する

1~4までの対策方法は、過去問から学ぶという点で、共通していえることであります。しかし、過去問から派生した試験対策問題集や、試験対策アプリ、対策講習に参加するなどは、短期的に効率よく学ぶためには、全て間違った対策方法であると私は断言します。

ただあなたが勉強して、自分の放射線の知識を更に深めたいと思っているのなら対策講習に参加するのは全然ありでしょう。しかし合格だけを目指すなら上記のような対策方法は、限られた短い勉強期間で、1を聞いて10知るような非凡でない限り、合格はかなり厳しいでしょう。

すべての対策方法に手を伸ばしている方は、ある程度長い勉強期間、相当な気合と根性がないと合格はすることは厳しいでしょう。そして、もちろん触れる情報量が多くなるので勉強効率は悪くなることは間違いなく言えることです。

試験の勉強期間は3ヵ月を目安とする

試験の勉強期間は3ヵ月あれば十分です。全ての試験勉強に共通して言える事なのですが、試験までかなり前から対策をするのは無駄でしかありません。絶対に試験に受かりたいがために、何年も前からこつこつ対策したくなる気持ちも分かりますが、オススメしません。何年も前からひたすら過去問を解き続けていれば、受かる確率が上がらないことは知っておいてください。

やれば(勉強したぶんだけ)受かると思っている方へ

急に、結構余談になってしまいますが、進研ゼミの中学講座からは、小学講座でよく聞く〖やれば、上がる。〗という言葉が聞かなくなったのもこの理由だと思います。小学校と中学校では、学ぶ勉強量(情報量)が圧倒的に増えます。あいまいな目標設定でも、ひたすら勉強すれば成績は上がります。

パーキンソンの法則の第1法則で仕事の量は、【完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する】というものがあります。

分かりやすい例で言えば、目標設定のあまい大学受験浪人生が、なかな大学に受からない理由もこれにあてはまりますね。

試験まで1か月以上あるときの暗記は不要

試験まで1ヵ月以上あるときに暗記は絶対にお勧めしません。暗記したことを3日後にもあなたは覚えている自信はありますか?暗記は試験日直前で十分です。暗記をしている時間があるならもっと有益なことに使いましょう。

今後もいろいろな対策方法はでてくる(対策講習、参考書、対策アプリ、問題集の発売等)

今後も対策方法はいろいろな形として出てくるでしょう。なぜそういえるのかというと、あまり堂々と言えないことなのでご察し下さい(-_-;)...

合格するためのヒントは過去問からすべて学ぶことができます。試験対策講習も、対策アプリももともとは過去問から作られたものです。 そして作成者側が必要だと思った過去問をピックアップしたものに過ぎないです。

少し話を逸らしてお話しますが、私は医学物理士として勤務していた期間があったのですが、維持をするのに講習会に参加したりとかなり出費しました。料金の高いものほどポイントが高かった記憶があります。

結論

今回は、手を付けるものが多くなればなるほど試験合格まで遠回りになってしまいますというお話です。手を付ける情報量を限定するということの大切さをお伝え出来たらうれしいです。

コツがわかればすんなりと低ストレスで合格することが可能です。

もしよければ史上最高!最も効率的の良い第1種放射線取扱主任者試験の勉強方法を参考にしてみてください。この考え方は、今後のあなたの人生レベルの全ての学びの場で応用がきき、役立ちます記事の内容は、7年分の過去問を効率よく情報処理していく方法をまとめてあります。この記事の本質的な点を言えば、頭の良い方(情報処理能力が高い方)は無意識レベルでこのことを行っています。

時間は有限です。この世の中は結果が全てです。手を抜いて楽に生きていくスキルを高めていきたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました