仕事がつまらない(つらい)なら、辞めた方が良い理由。【人生においての早めの損切をしよう】

診療放射線技師の方向け

あなたは出勤前、出勤日の前日にこんなことを考えていませんか?

「明日の仕事めんどくさいな・・・行きたくない。」

「あと〇日出勤すれば休みだから頑張ろう」

「職場の人間関係が最悪だから行きたくない・・・」

今回は、生活費の為に目標もなくただひたすら毎日耐えて仕事をしている方に向けて、記事を書きました。

下記の記事と合わせて参考にしてみるとよいかと思います。

あなたが仕事を辞めたいと思うたった1つの理由

仕事がつまらない(つらい)なら、辞めた方が良い理由。

 

それは、人生いつまでたってもお金のために働く人生になり、お金の奴隷から抜け出せないからです。昨日の記事でも書きましたが、嫌な仕事をただひたすらすることは人生においてリスクでしかありません。

私が持っている放射線技師という職業を例にして話をしますので軽く流していただいて構いません。この職業は現在ある程度、国家資格というもので安定していますが、将来今後も継続して安心はすることはできません。なぜかというと放射線技師は毎年、全国からかなりの人数を輩出しており、数年前から飽和状態と言われています。またアナログからデジタル化が進み、技術がない放射線技師でもスイッチを押せば取れてしまうほどの時代になってしまいました。今後、放射線技師の人数がこのまま増え続けていけば、スキルのないただ資格を持っているだけの放射線技師は淘汰されていくかもしれません。スキルのないまま歳を重ねれば、雇い側や周りからコスパの悪い人間として邪魔者扱いされたり、低給料のままだと悲惨な将来が待ち受けています。 これは放射線技師に限った話ではありません。

 

このことは放射線技師に限ったことではありませんが、毎日決められたルーチンワークをこなしているだけの生活をしているのなら、その仕事をやめた方が良いと思います。

 

この記事を読んでる人の中で、仕事をやめたら今の生活ができなくなると考える人が大半だと思いますが、そういう人達は人生を複雑に考え過ぎだと私は思います。
もし、仕事を辞めたら辞めたで人生なんとかなりますし、その仕事をやり続けていくと、長期的に人生が良くなっていかない事は確かな事実です。

現状維持をしようとしてそのまま下がりつづける人生は将来は、リスクでしかありません。

それなら、人生早めに損切りしていかないと、今より良い生活、人生を目指すことはできません。

今まで私は嫌なことから逃げ続けてきた人生でした。
逃げ続けた後、どうしたのかというと、クリニックに就職しました。クリニックの昼休みは3時間くらいあるので、そこでプログラミング、投資スキルをあげていきました。大学院まで進学して医学物理士として勤務経験があった私にとってはかなり大きな人生の損切りでした。

今の日本では、仕事から逃げるというとネガティブな印象に捉えられがちですが、新しい事に挑戦していくうえでは、既存の物を切っていくのは大切な作業なので、私は、肯定的です。

人生の損切りの為に

奨学金などの借金や、家族がいる方などは自分の意志で辞めることは困難でしょう。そんな方は自分にとって低ストレスな環境で働くということだけ覚えておいてください。高ストレスを感じる職場だと、空いた隙間時間や、帰宅後に自分のスキルを高める時間を確保できにくいからです。そういう人は、仕事をがんばったと錯覚(実際は仕事をただひたすら耐えただけ)し、物を買ったり、テレビを見たりして時間やお金を使ってしまうのがオチです。社畜として定年まで働くのです。

そうならない為にも、まず環境(自分にとってストレスの少ない環境)から整えていきましょう。人それぞれにってストレスの感じ方は違うので、自分に合った職場をじっくり探して下さい。

私は、スタッフとコミュニケーションをとる時間が多ければストレスを感じる性格なので、勤務外の色々な付き合いがなく、自由な時間を確保しやすいクリニックに転職しました。

仕事が嫌だとか、仕事にストレスを感じるのなら一旦辞めてみることも、一つの環境を整えることだといえます。

まとめ

仕事がつまらないのだったら、副業をしてスキルを身につけるか、仕事をやめて他の職種で働く事をおすすめします。早めの人生の損切をして、自分にとって生きやすい毎日にしていきましょう。

このブログでは、副業の方法として、株式投資やFXをお勧めしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました